Android Timer処理② Handlerを使って画像などを切り替える。

2013年6月5日 Tryworks-Design ANDROID JAVA

 

サンプル

 

Timerの基本的な使い方は下記のURL⬇⬇⬇
http://tryworks-design.com/?p=1282

 

※タイマーを使って画像を切り替える仕組み

タイマーは実行されると別のスレッドがたてられて、その中で動作する。そのためそのメソッドの中で画像などを切り替える処理を行っても、メインのスレッドとは違うために画像へのリンクが出来ない。その為、Handlerというクラスを通して画像などを切り替えて行く必要がある。

まず全体のコードから(タイマー処理によって画像が切り替わる)

MainActivity.java

activity_main.xml

①上記のxmlを記述して行く。

②タイマーをする為のクラスをインポートする。

③onCreateの中にTImerTaskを作る。ここで作られた物がタイマーによって動いて行く。msg.whatというのは、Handlerに値を渡している。今回はselectIndexの値が渡される。

④タイマーを実行する。timer.schedule(tasuk,1000,2000);でtaskの中の処理を実行する。読み込んだ時に1000ms後に実行し、2000ms単位で実行する。

⑤Handlerクラスを継承したMyHandlerクラスを作成する。このクラスに渡されたメッセージはアンドロイド側で表示する事が出来る。他のスレッドから何か実行したいときは必ずこのクラスを通す必要がある。

 

 


One Response to “Android Timer処理② Handlerを使って画像などを切り替える。”


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

Powered by WordPress and HQ Premium Themes.